中古車 税金

中古車にかかる税金は

自動車を始めて購入する人など、自身で保険に加入したことが無い人などは
自賠責保険と任意保険の二種類があることぐらいしか存じていなく、
またこれらの保険料や自動車にかかる税金など知らないことが多くあるようです。

 

まず自動車を購入するにあたってかかるのが税金です。
これは新車と比べると販売価格が安い中古車の方が支払う税金も少なくてお得であるといえます。
しかし自動車には普通に買い物のように消費税がかかって終了ということにはなりません。
これは新車でも中古車でも同じであり、自動車を所有する人に対してかかる税金があります。
はじめに自動車所得税がかかります。
これは普通自動車・軽自動車・営業用自動社でかかる税金は違うのですが、
中古車の取得に対してそれぞれ5%・3%と課税の基準が定められており、
これらの税金を納める必要があります。

 

次に自動者重量税といわれる税金で、一般的に車検の時に収める自動車の税金がココにあたります。
これは自動車の重量によってそれぞれ税金が定められており、一括で支払うのが一般的となっています。

 

そしてもっとも生活に負担となるのが自動車税です。
これは自動車の排気量によって税額が定められており、毎年収める必要がある継続的な税金です。
毎年五月あたりに納税通知書が届き、この税金を納めます。
これは自動車を所有する為の権利を得る為の税金でもあり、これを収めていない自動車を公道で走らせることは認められていません。

 

この様に中古車でも新車と同じだけの税金がかかります。
しかし自動車税や重量税は購入の時期によって支払いの金額に少し変化がでるかもしれないので購入前に確認をしておくことが大切です。

中古車にかかる税金は関連ページ

お金はどれくらい必要
はじめて中古車を購入する場合は、どれくらい購入資金が必要か不安ですよね。車両価格以外にも諸経費などがかかります。
中古車購入してから納車まで
中古車の場合、購入してから納車までの期間は、新車と比べてとても早く納車までの手続きが行えます。
中古車の自動車保険は
中古車を購入した場合は、当然自動車保険も加入する必要があります。
車検や整備が済んでいる
中古車を購入する場合に、必ずチェックしたい項目が車検残や整備が済んでいるかどうかです。
中古車購入後の保障
中古車購入でリスクになるのが故障する場合があること。ですから、中古車を購入する際には、購入後の保障も必ず注意してチェックしておきましょう。