中古車購入 費用

中古車の購入には、お金はどれくらい必要

新車を購入すると、安くても100万円を超えるお金が必要となり、
普通自動車の2000CCクラスになってくると200万を超えます。

 

では、中古車を購入したいとおもった場合は、どれくらいのお金が必要になるでしょうか。
中古車の場合予算は大きく分けて3つの区分にすることができます。

 

もっとも安い予算が50万円以下です。
50万円以下の車でも、現在数百車を比較して検討することができます。
これら50万円以下の自動車は、走行距離が5万キロを越えており、
また年式の古い自動車が主に取り扱われており、
始めて自動車の購入をする若い世代や営業車として取り急ぎ自動車が必要である人が主なユーザーとなっています。

 

また、これら走行距離や年式に左右されない市場が自動車オークションであり、
時に掘り出しものの自動車が、10万円程度で落札できることもあり、
50万円以下の予算であっても、沢山の車から好みの自動車を選ぶことができます。

 

そして、通常の予算としての目安が150万円以下となり、
ここまで予算が準備できると、人気のある新車価格が300万円を超える自動車でも
中古車として購入できることがあり、その台数は数千台を超えています。
取り扱い店によって偏りはあるものの、年式や走行距離共にお手ごろで安心して購入できる自動車がラインナップされており、高級外車などもこの予算内で買うことができます。

 

中古車のいいところは、新車だと手に入らない自動車が購入できるところであり、
本人の探す努力次第で市場価格よりも安い自動車にめぐり合うことが出来ます。

中古車の購入には、お金はどれくらい必要関連ページ

中古車にかかる税金は
新車よりもお得といっても、中古車にも多くの税金がかかります。
中古車購入してから納車まで
中古車の場合、購入してから納車までの期間は、新車と比べてとても早く納車までの手続きが行えます。
中古車の自動車保険は
中古車を購入した場合は、当然自動車保険も加入する必要があります。
車検や整備が済んでいる
中古車を購入する場合に、必ずチェックしたい項目が車検残や整備が済んでいるかどうかです。
中古車購入後の保障
中古車購入でリスクになるのが故障する場合があること。ですから、中古車を購入する際には、購入後の保障も必ず注意してチェックしておきましょう。