中古車購入 ポイント

中古車購入時のポイント【走行距離】

中古自動車を購入する場合に一番気になるのが走行距離だといわれています。
自動車の寿命は走行距離にして10万キロを目安に廃車をすすめられます。

 

これは自動車が構成されている機構部品が徐々にダメージを受けて、10万キロをこえると走行中に故障などのトラブルにあう可能性が高く、運転している人に限らず周囲の人への被害も想定できないため自動車の基本的な寿命は10万キロとされており、中古車を売る時も買う時も10万キロを超えた自動車は最も安い値段で取引がおこなわれます。

 

乗り手には非常に大切に自動車にのっており20万キロを超えてなお愛用車として乗り続ける人もいますが、これは本当にまれなことであり、定期的なメンテナンスに加えて日々の運転などによる自動車への負担が非常に少ない為とおもわれます。

 

海外などに輸出される自動車は平気で10万キロをこえている自動車が人気を集めており、海外では高くて手に入れる事が出来ない日本車が10万キロを超えていると割安で購入できるとあって非常に高い人気を集めています。

 

このように世界各国での走行距離に対する概念は違いますが、事を日本に向けてみてみるとやはり中古車を買う人も10万キロをこえた自動車を目的として探している人はほとんどいません。
当然買い手は走行距離は短い自動車を探し、その中で自信が持てる予算と価値を比較して中古車の購入に踏み切ります。

 

個人によってその判断基準は違うため一概に決まった法則はありませんが、購入者の多くは3万キロ以下をベストと考え、最悪でも5万キロ前後で手軽な中古車を探しています。

中古車購入時のポイント記事一覧

中古車の修復歴

中古自動車の購入にあたって、販売店に必ず確認をとっておいた方がいい事柄が自動車の修復歴です。事故車の場合は縁起も悪く、修復の回数が少なくても事故車といったくぐりに統括される為、そこから安全でお得な自動車を探し出すことは非常に手間となります。自動車の修復歴はその車が受けている隠れたダメージの想像や、事...

≫続きを読む

 

プライスボードをチェック

プライスボードとは中古車倉庫や展示場などにディスプレイされてある自動車一台一台に乗っている大き目のボードの事をさし、通行人などが素通りしただけで自動車の金額が印象に残るように、あえて販売の金額を大きく掲載しています。これによって通行人は次中古自動車がどれくらいの値段で売られているのかが目にとまり、時...

≫続きを読む

 

市場の人気車種は燃費のいい車

中古車市場では7人乗りの自動車や軽自動車、最近ではプリウスなどのハイブリット車が非常に人気が高く、高値で販売されています。プリウスに限っては買取りの金額も比較的高額で一時新車で購入ができなかった時に、新車をまたずして中古車でプリウスを目当てに探す人が多くいました。また軽自動車は維持費も普通自動車より...

≫続きを読む

 

中古車を安く買う為のチェック

とにかく中古車自動車を安く買いたいとか、乗れたらなんでもいいなどといった人もいるかと思います。また最低限の保障があって購入後にトラブルがない車で一番安い車がほしいといった人もいるかと思います。時には4人乗りの車で色は白、これで一番安い車がほしいといった人もいるかと思います。このように購入者によって安...

≫続きを読む

 

対応の良い店選び

中古車自動車の購入を考えるときプライスボードをみながら販売員と話をしたり、電話で中古車の情報を集めたりします。時には購入目的がない販売店にまで見積もりの依頼をしたりと意外と販売側の労力は大きく、またこれらの労力が中古車には組み込まれません。そうなってしまうと、やはり販売側も利益の高い車に対しての購入...

≫続きを読む

 

適正な車選び

自分たちの評価の基準があり、それらは市場の相場と裏で密接につながっているといえます。市場のニーズを考慮した上で、販売側はすでに始まっている購入候補者との価格交渉を行っています。消費者のニーズにあった金額の範囲で、比較的高めで設定することで利益を多くとれるように、金額設定のときから見えない交渉が始まっ...

≫続きを読む